各種工法

ロアードリル工法 高岳桟橋編

特徴

親杭60mの長さで施工を行いました。ブレスも18段と多く山間部の桟橋としては最高クラスです。特殊な技術で施工を行いました。ダウンザホールハンマー工法、ロアードリル工法、KOSMOSゴンドラ工法を組み合わせて施工を行いました。

関連工法
備考