各種工法

PG(パワーチャッキング)工法 ~既存杭抜き工法~

 

PG工法は、既存杭を先端から抱え上げ、ケーシングの引き上げと杭の引抜きを同時に行える工法です。

    

施工管理装置を用いた施工を行い、リアルタイムな施工管理を行える、既存杭引抜き工法における最先端技術です。

  

 

特徴

PG工法は、既抜き(杭引き抜き)工事の常識を変える新しい工法です。
既存杭の外周を包み込むようにケーシングで掘削し、
杭の先端に達したら、ケーシング内部の爪で杭をチャッキング。
既存杭をケーシングに内包した状態で引き上げる工法です。
既存杭全体を包み込んで撤去するので、中折れ、破損、ジョイント不接合などの
杭も確実に撤去でき、地中の「セメントミルク固化部」なども一緒に取り除くことができます。
また引き上げ時に杭孔に充填剤を注入しながら引き上げるので、
杭撤去と充填が同時にできます。
ケーシング先端から充填材を吐出することで、
杭孔最深部から確実な充填が可能です。 杭を玉掛けワイヤーで引き上げる作業をしませんから、
玉掛けに起因する事故とは無縁。安全確実な杭撤去が可能です。

関連工法
備考