各種工法

RVS工法

 

特徴

トップシリンダーにて鉛直支持(リーダー)を稼働させ傾斜角に合わせた掘削・改良・杭打ち・障害撤去を行う工法です。

  1. トップに設置されている伸縮シリンダーにより従来にない鉛直制度を確保できるようになりました
  2. 伸縮シリンダーを固定することにより、傾斜地の杭打設、改良、障害撤去が施工可能になりました。

    3、70tクローラベースなので現在の施工ニーズに合わせた安全施工性能を確保しました。

    4、テレスコ式クローラクレーンを遥かに超えた作業能力と機動性を確保しました。 5、杭の相吊り時に起こるサブワイヤーの接触がなく、安全に吊り込み作業を行うことができます。 6、三点式杭打機に比べ斜杭の施工がより安全に行えます。 7、テレスコ式杭打機に起こる油圧回路の故障や油圧漏れ等のリスクを軽減しました。

関連工法
備考