各種工法

オールケーシング工法

特徴

地中障害物の撤去や大口径の転石、岩盤掘削を可能にした工法です。ケーシング先端に硬質地盤に対応した超硬チップからなるカッタービットを取り付け、ケーシングチューブを全回転・圧入して地中障害撤去、硬質地盤撤去が可能になりました。
ケーシング内の掘削は基本的にはハンマグラブを使用し、補助工法としてチゼルやセリ矢、マルチグリッパを用いる場合もあります。

関連工法
備考